So-net無料ブログ作成

胡桃の部屋 向田邦子 あらすじ

松下奈緒主演で
NHK25年ぶりの向田邦子原作ホームドラマ

【送料無料】岸田今日子 / 向田邦子作...

【送料無料】岸田今日子 / 向田邦子作...
価格:4,064円(税込、送料込)



胡桃の部屋 向田邦子 あらすじ

昭和55年の東京。
小さな出版社で絵本の編集をしている三田村桃子(松下奈緒)は

両親・妹・弟とともに平凡な日々を過ごしていた。
そんなある日、リストラをされて職を失った父親・忠(蟹江敬三)が
突然、失踪してしまう。

それから1カ月後。
依然として行方がわからない忠を心配する桃子は

忠の部下だった都築実(原田泰造)から
忠が小さなおでん店を経営している恩田節子(西田尚美)と暮らしていることを聞く。

悩んだ末、桃子は父親が女性の部屋に身を寄せていることを家族に告白する。
その後、次第に家族の絆が崩壊し始め

桃子は父親に代わって家族の幸せを取り戻すために奮闘する。

向田邦子原作ホームドラマというだけでも話題なのに
ゲゲゲの女房でブレイクした

松下奈緒主演が主演ということで
すごい注目を浴びてるね

松下奈緒がどんな風に
向田邦子の世界を演じるのか
楽しみだし

ゲゲゲの女房で共演した竹下景子と
親子役をするのも楽しみ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 新ドラマ 2011 夏 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。